ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

名詞節と副詞節、形容詞節の見分け方

ここでは名詞節と副詞節、そして形容詞節の見分け方について学習していきます。この2つを読み間違えることで、意味が大きく変わる場合があります。しっかりとここで違いを理解し、正確に読み取れるようになりましょう。

 

節とは主語と述語からなる文を指します。文章の中でもし主語や補語、または他動詞や前置詞の目的語が欠けている場合、それは名詞節となります。一方、文章が完成されており、それを修飾している形でついている節の場合は副詞節となります。

 

 名詞節と副詞節
それでは、以下の例文を見てみましょう。

 

彼女が私の手伝いが必要か聞いてみるよ。
I'll ask if she needs my help.

 

もし彼女が明日空いているなら、その質問を聞いてみるよ。
I'll ask her the question if she is free tomorrow.

 

1文目のif以降は名詞節となります。主語+ask+目的語からなる第3文型の形であり、ifの節は目的語の役割を果たしています。一方、2文目はI'll ask her the questionという完成された文章があり、それをifの節が修飾しています。そのため、これは副詞節となります。

 

 名詞節と形容詞節
では次に、名詞節と形容詞節の違いについて例文を見てみましょう。

 

私は彼がどこに住んでいるか知らない。
I don't know where he lives.

 

ここは彼が生まれ育った家だ。
This is the house where he was born and brought up.

 

1文目は名詞節であり、knowという他動詞の目的語の役割を果たしています。一方、2文目のwhereは形容詞節であり、the houseである名詞を修飾して「どのような家か」ということをwhere以下で説明しています。

 

2文目のwhereは関係副詞と呼ばれるものです。名前に「副詞」と付いているのは、上の文章を2つに分けると分かります。

 

This is the house. He was born and brought up there.

 

thereは副詞です。関係副詞のwhereはthereの役割を果たすのでこういった名前が付いています。これを1文に凝縮すると上の例文のような形(This is the house where~)になり、the houseを修飾する形容詞節として機能します。

 

形容詞節は他にも関係代名詞などが当てはまります。

 

この人は私が長年知っている男だ。
This is it the guy (who) I have known for many years.

 

the guyという名詞をwho以下の節が修飾しているので、これは形容詞節となります。

 

名詞節と副詞節、そして形容詞節の説明はこれで以上です。上の例は、どれも短い文章です。そのため、どの種類の節かを判断することは、それほど難しくありません。

 

ただ、実際の新聞や雑誌などにでてくる文章は、上の例文の倍以上の長さとなる場合がほとんどです。しっかりとここで節の種類の見分け方を訓練し、読み間違いをなくす努力をしてください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ