形容詞と副詞、副詞と前置詞の見分け方

ここでは、形容詞と副詞、副詞と前置詞の見分け方について学習していきます。

 

 形容詞と副詞
形容詞は名詞を修飾することができ、副詞は基本的に形容詞や動詞を修飾することができます。他にも、副詞は名詞や他の副詞、句、節、文も修飾することができます。

 

これを理解したうえで、以下の例文を見てください。

 

She is an early riser. 「彼女は早起きだ」
I woke up early this morning. 「私は今朝早く起きた」

一文目の文章では、riserが名詞となります。earlyがriserという名詞を修飾している形ですので、earlyは形容詞と見分けることができます。一方、二文目はwokeが動詞であり、それをearlyが修飾している形となります。そのため、このearlyは副詞ということになります。

 

では、以下の文章はいかがでしょうか。

 

I like eating ramen, especially in winter. 「私はラーメンを食べることが好きだ、特に冬に」

especiallyの品詞は何でしょうか。これは、in winter「冬に」という副詞句を修飾して「特に冬に」という意味になります。そのため、especiallyは副詞句を修飾している副詞となります。

 

 副詞と前置詞
まずは下の例文を見てください。

 

He turned off the light. 「彼は電気を消した」
He jumped off the roof. 「彼は屋上から飛び降りた」

2つの文でoffが使われていますが、どちらが副詞でどちらが前置詞でしょうか。一文目の場合、turn off~で「~を消す」という句動詞となります。他動詞+副詞の形ですので、このoffは副詞です。

 

二文目のoffは前置詞ですが、これはjumpedが自動詞だからです。jumpedのあとにthe roofをつけることはできないので、offという前置詞をつけてthe roofをつけます。jumped offで「~から飛び降りる」という意味となります。

 

1文目のturned offという他動詞+副詞の句動詞の場合、turned the light offと言い換えることもできます。しかし、2文目のjumped off the roofをjumped the roof offと言い換えることはできません。こういった理屈からでも、副詞と前置詞を見分けることができます。

 

では、以下の例文はいかがでしょうか。

 

I am going around in the city. 「私は街を歩きまわっている」
I am going around the park. 「私は公園の周りを歩いている」

1文目は副詞です。もしaroundが前置詞であれば、そのすぐあとに名詞が必要だからです。一方、2文目はaroundのあとにthe parkという名詞がきているので、これは前置詞となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です