ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英文の品詞分解の行い方:解説

ここでは、品詞分解のやり方を解説していきます。リーディングを上級レベルまで到達するには、この練習法は欠かすことができません。ここでしっかりと品詞分解の方法を理解し、自分でこれができるように何度も練習することが大切です。まずは以下の例文を見てください。

 

I tell you about it.
hesitate to do

 

短い文章ではありますが、この2文の品詞分解について下の動画で解説しています。

 

 

 

 I tell you about itの品詞分解
まずは、主語と述語を見つけることが大切です。ここでは、主語は「I」になります。次に、tellは動詞であり、これが文章の述語であることが分かります。

 

次に、tellが自動詞か他動詞かを見分ける必要があります。そのためには、英和辞書を引いてください。tellを調べてみると、他動詞であるということが分かります(他動詞とは、うしろに目的語を必要とする動詞です)。

 

tellが他動詞と分かれば、そのあとのyouが目的語であることも分かります。つまり、この文章は主語+動詞+目的語からなる第3文型となります。

 

では、about itはこの文章でどのような役割を果たしているのでしょうか。これはただの修飾句であり、品詞は副詞(句)に分類されます。

 

句とは、単語が2語以上からなるまとまりを指します。ここではaboutとitの2語ですので、句に分類されます。そのため、上記の文章ではabout itは副詞句に分類されます。

 

 hesitate to doの品詞分解
次に、hesitate to doの品詞分解を見ていきます。まずは、hesitateを辞書で調べてください。これは自動詞であるということが分かります。自動詞とは、うしろに目的語を必要としない単語となります。そのため、I hesitate.だけでも文章を終わらせることができます。

 

hesitateのうしろについているto doはto不定詞と呼ばれるものです。その中でもこのhesitate to doは、to不定詞の副詞的用法に分類されます。hesitateは自動詞なので、ここで文型は終わっています。そのため、そのあとにくる単語は「多くが副詞である」と考えてしまっても問題ありません。

 

実際はここまで品詞分解する必要はありません。hesitate to doを一つのかたまりとしてとらえ、「~することに躊躇する」と覚えてしまえばよいからです。ただ、初めのうちは品詞分解で正確な英文読解ができるよう、こういった地道な作業をこなしていく必要があります。

 

以上が、簡単な文章を使っての品詞分解法となります。まずはこういった短い文章で、正確な品詞分解ができるように何度も練習をしてください。そして徐々に長い英文に挑戦し、難解な文章を自力で品詞分解ができるよう努力してください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ