ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

外資系企業に勤める役員やエリートも英語を話せない時期があった

最近では日本もどんどん国際化が進み、世界中から様々な企業が日本に進出してきています。それとは反対に、だんだんと日本企業も世界進出をしようと努力をしています。

 

そのためには、英語力が間違いなく必須のスキルとなります。世界の共通言語が英語であるため、ビジネスをする市場を広げようとするならば、彼らと対等に交渉ができる位の英語力が必要です。

 

 英語を身につけると仕事の幅が広がる
現在外資系の会社で働いている役員のほとんどは、入社当時は英語が全く話せなったと言います。それから危機感を感じ、必死になって勉強をしたとのことです。

 

彼らの場合、ビジネスの場で英語を使うこともあるため、実践を通して英語を身につけたという人も多いです。私が教えている英会話上達法は、例文暗記と自分のことについて独りで英語で話す独り同時通訳というものがあります。

 

もちろんこれらの学習法でもスピーキング力はかなり伸びますが、実践ができる環境にある人は、習得速度がさらに高まります。現在では社内公用語を英語にしている会社もあるため、このような場では存分に英語を実践で使うことができます。

 

英語をマスターすると、情報収集の量が何倍にも増えます。世界各国の発信する情報が手に入り、世界中の成功事例を知ることも可能になるのです。

 

それだけではなく、世界の店頭で起こっていることや業態の変化、さらに消費者のニーズがどのように変わっているかなどの情報を得ることもできます。

 

このような事実があるため、企業の上の人であるほど英語を学ぶことが重要になります。彼らは会社の進むべき方向性を決めることが仕事であるため、日本市場だけではなく世界市場も考慮に入れる必要があるからです。

 

 外資系トップの人も初めは英語を話せなかった
上記でも書きましたが、現在外資系企業の役員の方の多くは、はじめは英語を全く使えなかったといいます。もっと最悪な場合、外資に初めて勤めたときの上司が外国人であり、日本語が全く分からなかったときです。

 

こうなってしまうと、業務連絡も円滑に進まず、レポートを提出するときも日本語のときよりも時間がかかってしまいます。そのため、最初はいつもの倍の時間作業をしなければなりません。

 

多くの外資系に勤めている方は、このような経験をしたことがあるかと思います。現在第一線で活躍されているエリートの方々も、同様の経験をしたと言います。ただ、彼らはここでめげずに日々、英語力の向上に努めました。

 

その結果、多くの人は3~5年目で英語が聞こえるようになり、話せるようになったと言います。もちろん自然にこれらができるようになったわけではなく、毎日しっかりと英語の勉強をしたことが理由です。

 

多くの人が外資系エリートに対して持っているイメージとして、元々頭がよく語学も堪能だったということがあります。しかし、そんなことはありません。帰国子女のような前から英語が話せた人を除き、彼らの多くは英語をまったく理解できませんでした。

 

そこから必死に努力をし、現在は英語を自在に操り世界で活躍しています。もしあなたが今後のキャリアアップを狙っているのであれば、ぜひ英語の勉強をしっかりと行ってください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ