素直に講師の言うことを実践できる人が英語を身につけやすい理由

何かをゼロから学習するとき、どうやってそれを学ぶことが効果的でしょうか。方法はさまざまですが、いくつか例をあげれば読書や講師からの直接指導などがあります。

 

先人たちの知恵を借り、それを実践することがあらゆる分野で成功するための秘訣です。自分の知識内だけで何かを成し遂げようとするのは、限界があります。結果、自分の目標に到達するのに無駄な時間をかけてしまいます。

 

これは、英語学習にも当てはまります。もしあなたが英語の勉強を始めるのであれば、「効果的だ」と思う勉強に自分の頭だけで考えて取り掛かることはお勧めしません。英語学習をするにあたり、多くの落とし穴があるからです。

 

そのため、まずは英語をすでにマスターしている講師から直接指導を受けることが一番の近道です。ただ、同じ講師から受けているにも関わらず、伸びる生徒とそうでない生徒がいます。この原因の1つに、素直さが関係しています。

 

 素直じゃない生徒は英語が伸びにくい
私はこれまで多くの生徒を教えてきましたが、1年で日常会話がペラペラになる生徒とそうでない生徒に分かれます。そして、上達スピードが早い生徒の共通点は、全員素直に私が言ったことを実践します。
私はこれまでたくさんの英語学習法を試し、多くの失敗をしてきました。遠回りもたくさんしましたが、現在は英語を流暢に話すことができます。そのため、日本人にとって効果がある勉強法は何かを熟知しています。こういったノウハウを私は教えることができます。

 

では、素直ではない生徒はどのような人を指すでしょうか。1つの特徴として、言い訳が多いことがあります。生徒の悩みに対して私がアドバイスをすると、ほぼ必ず「でも私は~」といった理由や事情があるから無理だ」と言います。

 

この理由はさまざまですが、以下によくいわれる言い訳をいくつか挙げます。

 

  • 仕事や育児などでまとまった勉強をする時間が取れない
  • 塾で勉強するためのお金がない
  • もう歳だからなかなか英語を覚えられない
  • 頭が悪いからすぐに勉強した内容を忘れてしまう
  • 勉強するモチベーションが上がらない
  • その勉強法は私には向いていないと思う

言い訳は他にもたくさんありますが、代表的なものは上記の通りです。これらが口癖になっている生徒は、私がいくらアドバイスをしてもすぐに新たな言い訳を思いつく天才です。こういった「英語を習得できない言い訳」を列挙されると、私も「それなら、あなたは英語をマスターできませんね」としか言いようがありません。

 

 成功者はできない理由ではなくできるようにための方法だけを考える
英語学習で大成する人は、言い訳はせずに「この勉強をしてください」と私がアドバイスをすれば、「やります」とすぐに答えます。つまり、私の助言に素直に従い、実践をします。

 

こういった生徒の中には、本当に仕事が忙しい人などもいます。しかし、彼らは決して言い訳はしません。「忙しい中で、どうすれば英語の勉強時間を確保できるか」に焦点を当てます。つまり、「できる」を前提に物事を考える人です。こういった人が、英語学習で成功することができます。

 

私は22歳で英語の勉強を本格的に始めました。そして、運よく国際会議のトッププロ同時通訳の恩師から、英語を教わることができました。ただ、そのときは派遣社員として週5日で働いており、給料もそれほど高くありませんでした。

 

恩師のもとで英語を学ぶにはかなり高額なお金が必要でしたが、私は英語を学びたくて仕方がありませんでした。そのため、教育ローンを組み、分割で支払いながら英語の勉強をしていました。

 

他にもたくさんの障害がありました。しかし、私は英語をマスターすることを諦めたくはなかったので、「どうすれば問題解決できるか」だけを必死に考えました。そして、恩師の言うことは何が何でもやると決めて全部実行しました。

 

その結果、現在は通訳ができるレベルまで英語力をアップさせることができました。ここまでこれたのも、決して言い訳をせずに恩師のアドバイスに素直に従ってきたことが理由だと思っています。

 

もしあなたの英語力がなかなか伸びないと感じているのであれば、それはあなたの考え方に原因があるかもしれません。できない言い訳だけを考えていませんか。そうではなく、講師の言ったことを100%実践し、「できるまでやる」という意気込みでこれからの英語学習を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です