英語を英語で考えるための具体的な方法

多くの市販の本や英語学習サイトを見てみると、「英語は英語で考えるべきだ」と言っています。確かにこれは、英語学習者の最終ゴールです。しかし、「どのようにしてこの境地にたどり着くのか」を説明できる人はほとんどいません。

 

初心者がただやみくもに英語で考えようと努力しても、それは不可能です。なぜなら、英語で考えるための十分な英語表現を暗記してなく、英語を使う練習量が足りていないからです。まずは文法力と単語力を上げ、できるだけ多くの例文を暗記することが必要です。

 

例文を暗記したら、それらを自分の言葉で使っていくことが大事です。しかし、最初はなかなかスムーズに作ることができません。言いたい表現が思いついたとしても、最初に日本語の文章を発想してしまうでしょう。初めはこれでも全く構いません。日本語の文章を思いついたとしても、英語で瞬時に変換すればよいのです。

 

 頭で言いたいことを発想し、それを表現するまでのプロセス
私たちが日本語を話すとき、言葉を発する前は以下のような手順を踏みます。

 

頭の中のイメージ → 日本語を話す

このように、頭の中に表現したい内容をイメージし、それを言葉として口から発していきます。母国語なので、文法を一切考えずにスラスラと日本語の文章を作ることができます。同様に、英語をスラスラ話すためには頭の中でイメージしたものを日本語で話す代わりに英語で表現すればよいです。

 

頭の中のイメージ → 英語を話す

しかし、前述の通り、いきなり英語で考えるのは不可能です。私やプロの通訳者を含め多くの日本人は、以下のようなプロセスで英語を話します。

 

頭の中のイメージ → 頭の中で日本語文章が思い浮かぶ → 翻訳しながら英語を話す

「これでは日本語で考えて英語に直すため、不自然な英語になってしまうのでは?」、といった反論もあるでしょう。しかし、文法力と単語力さえあれば、自然な英語を作ることは十分に可能です。

 

同時通訳者が日本語を聞いて英語を話すプロセスは、上記のものと全く同じです。彼らが英訳する際は、以下のようなステップとなります。
 

日本語を聞く → 頭の中で日本語文章を思い浮かべる → 翻訳しながら英語を話す

上のプロセスは、私たちが英語を話すときの思考法、つまり「日本語の文章を発想してから、英語に翻訳しつつ話す」ことと同じであることが分かります。同時通訳者は日本語を聞き、それを瞬時に英作文します。しかも自然な英語です。日本語から英語に翻訳する方法でも、正しい英文を作ることはできます。

 

まずは文法力と単語力を伸ばしてください。いきなり英語を英語で考えようと思っても、基礎力がなければ不可能です。

 

同時通訳の神様として知られる国弘正雄氏はこのように述べています。

 

多くの人は文法を考えるから英語が話せないと言いますが、そうではありません。文法を使いこなす練習量が足りないから英語が喋れないのです。

文法知識と単語力をつけ、後は何度も話す練習をしてください。そうすれば、徐々に英語を流暢に話せるようになってきます。

 

「翻訳しながら英語を話す」というプロセスが、一番難しいポイントです。「翻訳する時間」をいかに短縮するかで、英語の流暢性が変わってきます。これに関しては、何度も文法を意識しながら練習し、使い慣れていくしかありません。そうすることで、翻訳する時間を徐々に短くしてください。

 

時間短縮をしていけば、頭の中で日本語文章を思い浮かべなくてもイメージだけで英語を話せるようになっていきます。つまり、下記のような状態です。

 

頭の中のイメージ → 英語を話す

これがいわゆる、「英語を英語で考える」です。このような正しいステップを踏むことで、徐々に英語を英語で考えられる内容が広がっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です