最短で効果が出る英語の勉強法とは?

語学学習の原則は、暗記と練習です。これ以外にありえません。「暗記と練習」という原則に従わず、テクニックに頼ってしまってはいつまでたっても英語は伸びません。

 

例えば、農場の法則というものがあります。野菜を収穫するためには、種を蒔いてから長い月日を要します。その間にも定期的に水をあげるなどの面倒をみていかなければなりません。そのような継続的な努力のおかげで、初めて実った野菜を収穫することができるのです。

 

ここで、春と夏に遊ぶだけ遊び、秋になってようなく焦りを感じて種を蒔き冬に収穫をすることは可能でしょうか? 間違いなく不可能でしょう。これが農場の法則です。

 

英語学習も全く同じです。日々例文を暗記し、それらを何度も使っていくという訓練を重ねて段々と流暢に喋れるようになっていくのです。もちろん、文法力と単語力も重要です。しかし、結局のところそれらを使いこなすために暗記と練習が必要です。

 

大人が最短で英語をマスターするには、文法と単語力をベースに置き、そのうえで各4技能(スピーキング、ライティング、リーディング、リスニング)を地道に鍛えていくのが最短で英語を喋れるようになる方法なのです。
中には、「TOEICを短期間の勉強で高得点を取る方法」などといった本も数多く出版されています。しかし、これらは高い点数を取るためのテクニックを紹介しているだけです。本物の英語力は絶対に身に付けることはできません。

 

そのような状況で、仮に900点以上を取り、会社に就職または転職できたとしましょう。このとき、いざ英語を使う場面に遭遇したときに英語力の無さが露呈してしまい、信用は一気に落ちるでしょう。

 

そのような悲惨な目に遭わないためにも、テクニックに頼らない真の英語力をつけておく必要があります。語学学習に近道はありません。テクニックに頼ろうとすればするほど、あなたの英語力は落ちていく一方です。
反対に、コツコツと勉強して「原則に従った正しい方法」で英語を勉強していけば、対策をせずともTOEICで高得点を取ることが可能になります。TOEICだけでなく、TOEFLや英検1級も同時に合格できるレベルになるはずです。

 

ぜひ、当サイトを通して正しい学習法を学び、本物の英語力を身につけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です