ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英会話をマスターするためにオススメの英和・和英辞書

現在では、様々な英和辞書が売られており、インターネットでも無料で使用することが可能です。そのため、英語初心者からすると、どの辞書を使うべきか分からないという方も多くいます。

 

ここでは、辞書選びに関して大事なポイントをおさらいしていきます。
 
 英和辞書は語法やコロケーションの充実度が重要
多くの英語初級者は、「英和辞書は分からない英単語の意味を調べるだけのものだ」と思っています。しかし、それは間違いです。英和辞書には、正しい英文を作るために重要な事柄がたくさん書かれています。そのため、どのように英和辞典を活用するかが重要です。

 

例えばaskを辞書で調べてみてください。辞書によって表記は異なりますが、「他」や「自」、または「他動」や「自動」というマークがあるかと思います。これは、「他動詞」と「自動詞」を表しています。

 

そもそも動詞を使いこなすためには、この2種類の違いを理解していないといけません。分からない場合、事前に私のサイト「ネイティブ英語のススメ」か文法書で確認をしてください。

 

もしあなたが「私は彼に質問をした」と英語で言いたい場合、askの語法を調べることが大切です(語法とは、単語を正確に使うためのルールです)。

 

英和辞書を見てみると、askに「目+目という表記が見つかります(英和辞書によっては違う記し方になっています)。これは、askの後ろに目的語を2回置けると言う意味であり、第4文型を作れることを指します(文型を事前に理解しておいてください)。

 

ここまでくれば、あとは自力で英文を作ることができます。

 

私は彼に質問をした。
I asked him a question.

 

このように、語法を理解しながら正しい英文を作ることができます。

 

 和英辞書は大辞典よりも中辞典(学習辞典)を選ぶ
和英辞書は、「この日本語を英語で何と言うのだろう」という疑問に対してダイレクトに答えてくれるものです。そのため、各日本語に対してどのくらい充実した英単語や例文がそろっているかが重要です。

 

和英辞書を選ぶときは、大辞典は選ばないようにしてください。大辞典は確かに収録語数が多いですが、一語一語に対しての例文や説明が少なすぎます。

 

このような理由から、私は中辞典(学習辞典)をオススメしています。収録語数は大辞典と比べて少ないですが、会話で使う必須単語の説明が細かくなされています。そのため、英語の基礎をしっかりと身につけるためにはちょうど良いです。

 

このように、英和辞書と和英辞書を選ぶためのポイントがあります。上記で書いたことを念頭に置き、書店やオンラインなどでご自身に合った辞書を探してみてください。ただ、紙の辞書よりも電子辞書をオススメします。理由は単に、単語を調べる時間を短くするためです。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

最近の英語学習事情
英語学習者の8割が挫折する理由
全て自分の責任であると考えれば英語力は伸びる
素直に講師の言うことを実践できる人が英語を身につけやすい理由
英語を学ぶ本当の意味での楽しさ
英語の本質を学べばあらゆる分野で応用可能である
英語を学ぶ目的を明確にする
英語を学ぶ目的が決まったら具体的な目標設定をする
最短で効果が出る英語の勉強法とは?
英語を効果的に勉強するための順序を知ることの重要性
ネイティブとのオンライン英会話レッスンは効果的か
自分の作った英文が正しいかどうか不安なときは
ノンネイティブとの会話で自分の英語が通じない場合の心構え
英語学習に必要な3種の神器
大人の日本人が、ネイティブと同等の英語力を習得できるか?
4技能を効果的に高めるための土台となる文法力と単語力
単語力は語法、コロケーション、決まり文句、専門用語で決まる
自分の言いたいことを何でも英語を英語で考える必要はない
英語を英語で考えるための具体的な方法
英和・和英辞書の正しい使い方
「ネイティブ英語のススメ」と「ビジネス英語塾」は併用すべきか
日常英会話、ビジネス英語で受験英語のような難しい文法は使うか
真の実力をみにつけて英語のトリプルクラウンを目指せ