ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

ノンネイティブとの会話で自分の英語が通じない場合の心構え

あなたがこれから英語を使う機会があるときは、恐らくネイティブだけではなくノンネイティブの人たちとの会話も頻繁に行うことでしょう。今や英語は世界共通語であり、英語を使う人の大半はノンネイティブであるという統計もでています。そのため、ノンネイティブと英語で話す機会は多いです。

 

私たち日本人は、ネイティブと英語で話すことを想定しています。そこで学習者が持つ多くの悩みは、「自分の言いたいことがスラスラと言えない」ということです。

 

これに関しては、ひたすら文法や語彙力を身につけ、例文暗記や音読をたくさんおこなうようにしましょう。こうして、自分の英語力を上げていけば問題ありません。練習すればするほど、ネイティブと対等に会話ができるようになっていくでしょう。

 

一方、ノンネイティブと英語で会話するときは別の問題が生じます。それは、自分の英語が相手に通じないということです。

 

 ノンネイティブとの英語のやり取りで生じる問題
例えば、もしあなたの英語力が上級レベルで相手が中級レベルであれば、彼らはあなたの使った単語や文法、もしくは発音などを正確に聞き取ることができないかもしれません。そのため、彼らは「Can you say that again?」とあなたに聞いてきます。

 

多くの日本人は、このように聞き返されると「自分の英語が間違っているのかもしれない」と思います。確かに、自分の英語の誤りによって相手が理解できなかった可能性もあります。ただ、彼らの英語力不足で理解をしてもらえなかった可能性も大いにあります。

 

これについて下の動画で解説しています。

 

 

 単語のアクセントを間違えると意味が理解しにくくなる
私がイギリスの大学で勉強をしていた頃、ある授業でイラン人が教壇に立って教えていました。彼はノンネイティブであり、英語は第2言語でした。英語はとても流暢で何を言いたいのかも簡単に理解をすることができましたが、あるとき彼らは単語のアクセントを間違いました。

 

capabilityと彼は言おうとしていたようですが、本来は「bi」の部分にアクセントを置くべきところ、彼は「ca」の部分にアクセントをおきました。そのため、ほとんどのネイティブの学生は彼が言ったcapabilityの発音を最初は理解できていないようでした。もちろん、ノンネイティブである私たちも彼が発言した内容は分かりませんでした。

 

そのあと何度か彼がcapabilityを言っていたので、私たちは前後の文脈から「彼はcapabilityといいたいのかもしれない」とだんだん分かってきました。

 

このように、ノンネイティブが話す英語では単語のアクセントを間違えるということがよく起こります。もちろん、これは私たちにも起こりえることです。アクセントの誤解によって、ノンネイティブだけではなくネイティブにも自分の発音が通じないことがあります。このようなことも原因で、ノンネイティブとのやり取りが困難になる場合もあります。 

 

私たち日本人は自分の英語が通じなかった場合、「私の英語力がまだまだ足りないからだ」と自分を責めてしまいがちです。しかし、ノンネイティブとの会話では原因が彼らにあるという場合も十分ありえます

 

もしノンネイティブとの会話で自分の英語が通じなかった場合、もう少しゆっくり話してみる、簡単な表現に変えてみる、または「for example」などといって具体例をあげてより詳しく説明するなどといった心構えが大切になります。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

最近の英語学習事情
英語学習者の8割が挫折する理由
全て自分の責任であると考えれば英語力は伸びる
素直に講師の言うことを実践できる人が英語を身につけやすい理由
英語を学ぶ本当の意味での楽しさ
英語の本質を学べばあらゆる分野で応用可能である
英語を学ぶ目的を明確にする
英語を学ぶ目的が決まったら具体的な目標設定をする
最短で効果が出る英語の勉強法とは?
英語を効果的に勉強するための順序を知ることの重要性
ネイティブとのオンライン英会話レッスンは効果的か
自分の作った英文が正しいかどうか不安なときは
英語学習に必要な3種の神器
大人の日本人が、ネイティブと同等の英語力を習得できるか?
4技能を効果的に高めるための土台となる文法力と単語力
単語力は語法、コロケーション、決まり文句、専門用語で決まる
自分の言いたいことを何でも英語を英語で考える必要はない
英語を英語で考えるための具体的な方法
英会話をマスターするためにオススメの英和・和英辞書
英和・和英辞書の正しい使い方
「ネイティブ英語のススメ」と「ビジネス英語塾」は併用すべきか
日常英会話、ビジネス英語で受験英語のような難しい文法は使うか
真の実力をみにつけて英語のトリプルクラウンを目指せ