ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

大人の日本人が、ネイティブと同等の英語力を習得できるか?

英語学習者であれば、「ネイティブと同じくらいスラスラと英語を話したい」と誰もが一度は思うものです。私もそのうちの一人です。「ネイティブと同じようにカッコいい表現を使えるようになりたい」という願望が今でもあり、そのために日々新しい表現を暗記しています。

 

私はこれまで何万もの文章を音読し、暗記をしてきました。しかし、未だに「ネイティブレベルで英語を使いこなせている」という実感はありません。ノンネイティブとして、ネイティブと対等に話すことはできますが、彼らほど表現力は豊かではありません。

 

私の場合はそれでもよいと思っています。なぜならネイティブ達は、「英語を第2言語として話す人達」がネイティブらしい英語を喋ることを期待していないからです。彼らは、私たちが使う英語の表現自体よりも、話している内容の方をより重視します。

 

私が英語を話すときは、日本語で言いたいことを考え、そして話したり書いたりしています。日本語に直訳しても問題ないところは、なるべくそうします。なぜなら発想をしやすいからです(ただし決まり文句も数多くありますので、それらを表現するときは直訳をしません)。

 

例えば以下の例文をみてみましょう。

 

「私は何も買わずにそのお店から出てきた」

 

私なら、「 I got out of the shop without buying anything.」と直訳します。一方、ネイティブが次のように言っていることを聞いたことがあります。「I got out of the shop empty-handed.」

 

私なら、この表現はまず発想できないでしょう。しかしそれでも全く問題ありません。私が考えた日本語から直訳した英文も、正しく自然な表現です。

 

よく「ネイティブはこのようには言わない。彼らならこう言う」といった表現を本や雑誌などで見かけます。ただ、正確に言えば、「ネイティブならこう言う時もある」という表現が正しいです。私が使うような標準英語をネイティブが使うことも良くあります。実際、ネイティブが私の作った上記の文章を話している場面を聞いたこともあります。

 

もちろん、「ネイティブのような表現を使いこなせるようになりたい」というのであれば、それはそれで構わないです。しかし優先順位として、まずは文法を身につけ、学校英語のような正しい英語を自由自在に話せるようになってください。そのあとに、ネイティブのような英語に少しずつ変えていくことが望ましいです。

 

いくらカッコいい表現を覚えたとしても、文法がデタラメであれば意味がありません。教養を感じることのできない英語となってしまいます。そのようなことを防ぐためにも、まずは基礎をしっかり磨いてください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

最近の英語学習事情
英語学習者の8割が挫折する理由
全て自分の責任であると考えれば英語力は伸びる
素直に講師の言うことを実践できる人が英語を身につけやすい理由
英語を学ぶ本当の意味での楽しさ
英語の本質を学べばあらゆる分野で応用可能である
英語を学ぶ目的を明確にする
英語を学ぶ目的が決まったら具体的な目標設定をする
最短で効果が出る英語の勉強法とは?
英語を効果的に勉強するための順序を知ることの重要性
ネイティブとのオンライン英会話レッスンは効果的か
自分の作った英文が正しいかどうか不安なときは
ノンネイティブとの会話で自分の英語が通じない場合の心構え
英語学習に必要な3種の神器
4技能を効果的に高めるための土台となる文法力と単語力
単語力は語法、コロケーション、決まり文句、専門用語で決まる
自分の言いたいことを何でも英語を英語で考える必要はない
英語を英語で考えるための具体的な方法
英会話をマスターするためにオススメの英和・和英辞書
英和・和英辞書の正しい使い方
「ネイティブ英語のススメ」と「ビジネス英語塾」は併用すべきか
日常英会話、ビジネス英語で受験英語のような難しい文法は使うか
真の実力をみにつけて英語のトリプルクラウンを目指せ