自分の作った英文が正しいかどうか不安なときは

<% pageTitle %>” style=”width:450px;height:250px” /></p>
<p>多くの人はスピーキングの練習をしているときに、「自分の作った英文が本当に正しいか不安」と感じます。確かに、英語の勉強を始めたばかりのときの私も同じように考えていたため、その気持ちはわかります。</p>
<p> </p>
<p>そこで、多くの英語教育者はネイティブと会話する重要性を唱え、「彼らからたくさん英語をたくさん直してもらいなさい」と生徒に教えます。</p>
<p> </p>
<p>ただ、この練習法はあまり効果的ではないことが多く、あまりスピーキングの正確性の向上につながらないケースが多いです。それでは、どのようにして正しい英文を作ればよいでしょうか。ここでは、ネイティブと会話しなくてもきれいな英語を話す方法を解説します。</p>
<p> </p>
<p><strong> ネイティブと話してもスピーキング力が伸びないわけ</strong><br />
彼らの多くは英語の誤りを指摘するとき、「その表現は不自然に聞こえる」と言い、「正しくはこう表現する」と教えます。</p>
<p> </p>
<p>こういった完成された文章を教えてくれますが、<span style=その文章の中にある一つ一つの単語の語法や文法の使い方を教えてくれないことが多いです。実際、これらが日本人学習者が英語を自由に操る上での重要なポイントとなります。

 

そこで、私がお勧めしているスピーキングやライティングにおいてのアウトプット練習は、自分の身の回りを片っ端から英語で話していく独り同時通訳という練習法です。この場合、ネイティブとは会話せずにひたすら独りで英語をペラペラと話していきます。

 

独り同時通訳の詳しい練習法は、「自分のこと、身の回りのことを全て英語で言えるようにする」と「英語独り同時通訳の具体的な勉強法」のページで解説しています。

 

「一人で文章を作っていては、自分の英文が正しいかどうかわからない」という人もいるでしょう。ただ、それでも問題ありません。あなたの自分の作った英文に自信を持つために、その方法を下の動画で解説しています。

 

 英文に自信がないのは、覚えている英文量が圧倒的に少ないからである
自分の英語に自信がなく、正しいように聞こえない理由は簡単です。それは、正確な英文を暗記している量が少なすぎるからです。つまり、例文の音読・暗記が足りていない状態です。

 

言いたいことを自由に英語で話したい場合、まずはそれらを表現するために大量の語彙を覚える必要があります。また、英文を正しく作るための文法知識が必須となります。多くの正しい英文を音読することで暗記をし、自分の頭の中にある英文ストックを増やしていきます。

 

十分なインプットを終えたら、あとは自分が言いたい内容に合わせて、前もって暗記しておいた各英文に単語を当てはめます。それらをつなぎあわせれば、新たな英文を作ることができます。

 

 まとめ
このように、覚えておいた正しい英文に対して、単語を入れ替えるだけで英文を作成できます。こうすれば、「自分の作った英文は正しい」と自信を持って言えるようになります。これがスピーキング上達のための正しいプロセスであり、これ以外に流暢に話せるようになる方法は存在しません。
ちなみに英文を覚える量ですが、理想は約1万例文です。英会話に必要な文法の文章などを全て含めることを考慮すると、100例文では全く足りません。時間はかかりますが、一度完全に英文を覚えてしまえばそれはあなたにとって一生ものの財産となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です