ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

助動詞の読み方

 Practice
1. She must have told you that she would come to your place soon.
2. You needn't have accepted his offer as he was trying to take advantage of you.
3. Japan must have been considered as one of the most successful countries in the world.
4. That might have been traumatic experience for her.
5. You needn't have reserved such an expensive restaurant.
6. He should be compensated for his duty.
7. She would not accept her destiny.
8. I would often play with her when we were kids.

 

 Answer
1. 彼女はすぐにあなたの家に来ると言ったはずだ。
must have+過去分詞で、「~したはずだった」という過去においての推量を表す用法となります。wouldは時制の一致を受けているので、willではありません。

 

2. 彼は君を利用しようとしていたのだから、彼のオファーを受け取る必要はなかったのに。
need not have+過去分詞で、「~する必要はなかったのに」という意味になります。あることをする必要はなかったが、実際はもうしてしまったときにこの用法が使われます。

 

take advantage of~で、「~を利用する、活用する」という意味です。

 

3. 日本は世界で最も成功した国の一つだと考えられていたに違いない。
must have been は「~だったにちがいない」という意味です。be considered asで「~として考えられている」という意味です。

 

4. それは彼女にとってトラウマになるような経験だったかもしれない。
might have beenで、「~であったかもしれない」という意味になります。

 

5. そんな高いレストランを予約する必要はなかったのに。
need not have+過去分詞で「~する必要はなかったのに」という意味になり、「実際は~してしまった」というニュアンスがあります。

 

6. 彼は自分の義務については正当な対価を受けるべきである。
このshouldは義務の用法であり、「~すべきである」という意味となります。

 

7. 彼女は自分の運命を受け入れようとしなかった。
willの否定の場合、「どうしても~しようとしない」という意志を表す用法があります。それを過去形にするとwould notとなり、「どうしても~しようとしなかった」という意味になります。

 

8. 子供のころは彼女とよく遊んだものだった。
このwouldは過去の習慣を表す用法であり、「よく~したものだった」という意味になります。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ