ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

形式主語、目的語(It is構文)の読み方

 Practice
1. It took me five minutes to realize that the hat was gone.
2. It is hard to understand her.
3. That made it more difficult for him to make plans for the project.
4. It is a pity that the company went bankrupt because of financial difficulty.

 

 Answer
1. 帽子がなくなっていることに気づくのに5分かかった。
It takes+人+時間+to doで、「(人)が~するのに(時間)かかる」という構文です。to realize以下は本来Itに置かれていました。しかし、そうすると主語が頭でっかちになってしまうのでItを仮主語として置いた形となります。

 

頭から英文を理解するときは上記の和訳のようにきれいな日本語にする必要はありません。まずは英語の語順どおりに文章を理解するようにしてください。そうすると、「5分かかった、気づくのに、帽子がなくなっていることを」となります。日本語訳は不自然ですが、理解することはできます。これが、英語を頭から理解するということです。

 

2. 彼女を理解することは難しい。
最初のItは何を指しているでしょうか。読み進めてみると、to understand herとあります。これで、「Itはto understand herの仮主語である」ということが分かります。元々はTo understand her is difficultでしたが、これだと主語が頭でっかちになってしまいます。文章のバランスが悪いので、Itを使ってそれを回避しています。

 

3. それによって、彼がそのプロジェクトの計画を立てることがより難しくなった。
このitは何を指すでしょうか。読み進めると、for him to make plans~と続いています。ここで、「このitはto make plans~の形式目的語だ」と気づくことができればかなりの学力があります。つまり、元々はこのitの中にmake plans~が入っていました。しかし、これだと目的語が長すぎるため、itで代用して元のフレーズをうしろにまわした形となります。

 

文の構造はmake+目的語+補語となっているので、これは第5文型です。目的語はit、補語はdifficultです。これは使役動詞であり、「目的語を補語させる」という訳となります。for himは意味上の主語と言い、make plans for the projectの主語となります。そのため訳は、「彼がそのプロジェクトの計画を立てること」となります。

 

以上を理解した上で全文を直訳すると、「それが、彼がプロジェクトの計画を立てることをより難しくした」となります。この文章は第5文型、形式目的語のit、そして意味上の主語を理解していないと訳せない英文です。

 

4. その会社が経営不振で倒産したことは残念だ。
It is a pity thatで「~ということは残念だ」という訳になります。このItの真主語はthat節以降のthe company went bankrupt because of financial difficultyとなります。このように、to不定詞だけじゃなくthat節でもItの真主語を表すことができます。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ