英語の文法:There is構文の作り方

ここでは、There is構文の作り方について解説していきます。会話や文章の中でも頻繁に使われる構文であり、応用範囲も広いです。このレベルでは、まずはThere is構文の基礎を学んでいきます。

 

 肯定文
There is+名詞で、「~がある」という存在を表すことができます。以下の例文を見てみましょう。

 

あの池のそばに大きな木があります。
There is a big tree by that pond.

名詞が複数形の場合は、isをareにします。

 

公園にはたくさんの子供たちがいました。
There were many kids in the park.

There is構文には制限があります。特定の物、人を表す名詞と一緒に使うことはできません。

東京は日本にあります。
Tokyo is in Japan.

ここで、There is Tokyo in Japanとは言えません。

 

There is構文の短縮形は以下のようになります。これは、会話でよく使われます。

 

There is → There’s
There are → There’re

 否定文と疑問文
There is構文の否定語notは、be動詞の後ろにつけます。例文で確認しましょう。

 

公園には子供一人もいなかった。
There were not (weren’t) any children in the park.

疑問文では、下記の例文のようにthereとbe動詞を入れ替えるだけです。応答文では「Yes / No, there+be動詞」となり、名詞を言う必要はありません。

 

この穴の中にネズミが数匹いますか? はい、います。 / いいえ、いません。
Are there some rats in this hole? Yes, there are. / No, there are not (aren’t).

 
 助動詞が含まれているThere is構文
There is構文には、be動詞の前に助動詞を置くことができます。その場合、be動詞は原型のbeとなります。例文で確認しましょう。

 

私の家の中に猫がいるかもしれない。
There may / might be a cat in my house.

 

明日このあたりでパーティーがある。
There will be / is going to be a party around here tomorrow.

以上がThere is構文の基本的な使い方です。この他にもさまざまな用法がありますが、上レベルでさらに学習をしていきます。簡単な日常会話であれば、上記の表現だけで十分です。何度も音読して、例文を暗記しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です