英語の文法:単数形と複数形(これは、これらは etc)

ここでは、「これ、あれ、それ」を表す単数形名詞と、「これら、あれら、それら」を表す複数形名詞を使った文章を学習していきます。文章には、肯定文「~は……です」、否定文「~は……ではない」、疑問文「~は・・・ですか?」の3種類があります。

 

 「これ、あれ、それは~です」と「これら、あれら、それらは~です」
以下に日本語訳と、それらに該当する英語訳をまとめてあります。

 

これは~です This is
あれは~です That is
それは~です It is
これらは~です These are
あれらは~です Those are
それらは~です They are

 

このように、単数形の場合は動詞が「is」となり、複数形では動詞が「are」となります。これらは、日本語をみて瞬時にそれに対応する英語が出てくるまで、何度も音読しましょう。

 

 肯定文
肯定文の語順は、「主語+動詞+(冠詞)+名詞(形容詞)」となります。最初に、単数形の文章を以下で確認してみましょう。

 

これは腕時計です。
This is a watch.

 

あれは飛行機です。
That is an airplane.

 

それは正しいです。
It is correct.

名詞の前には、冠詞の「a」や「an」がつきます。一方、形容詞の前には冠詞はつけません。それでは、複数形の文章を見てみます。

 

これらは腕時計です。
These are watches.

 

あれらは飛行機です。
Those are airplanes.

 

それらは正しいです。
They are correct.

このように、複数形の場合は冠詞がつきません。その代わりに、名詞の後ろに「s」や「es」などをつけるのが原則です。後ろにつく語は、単語によって異なります。ある一定のルールはありますが、初めのうちは辞書で1つ1つ確認しながら正しい複数形を覚えなければなりません。

 

 否定文
否定文の語順は、「主語+動詞+not+(冠詞)+名詞(形容詞)」となります。以下の例文で確認しましょう。

 

これは答えではありません。
This is not an answer.

 

あれはレストランではありません。
That is not a restaurant.

 

それは悪くありません。
It is not bad.

 

これらは答えではありません。
These are not answers.

 

あれらはレストランではありません。
Those are not restaurants.

 

それらは悪くありません。
They are not bad.

このように、動詞の後ろに「not」を置いて、否定文を表現します。冠詞や名詞の変化、形容詞のルールは肯定文と同じです。

 

 疑問文
疑問文の語順は、「動詞+主語+(冠詞)+名詞(形容詞)?」となります。肯定文や否定文と違う点は、主語と動詞が反転しているところです。
スピーキングで疑問文をしゃべる場合、語尾を上げるのがポイントです。一方、イギリス英語の場合は、疑問文でも語尾を下げる傾向にあります。

 

それでは、以下の例文で疑問文を確認してみましょう。

 

これはバイオリンですか? はい、そうです。 / いいえ、違います。
Is this a violin? Yes, it is. / No, it is not.

 

あれはバイオリンですか? はい、そうです。 / いいえ、違います。
Is that a violin? Yes, it is. / No, it is not.

 

それはバイオリンですか? はい、そうです。 / いいえ、違います。
Is it a violin? Yes, it is. / No, it is not.

 

これらはバイオリンですか? はい、そうです。 / いいえ、違います。
Are these violins? Yes, they are. / No, they are not.

 

あれらはバイオリンですか? はい、そうです。 / いいえ、違います。
Are those violins? Yes, they are. / No, they are not.

 

それらはバイオリンですか? はい、そうです。 / いいえ、違います。
Are they violins? Yes, they are. / No, they are not.

上記のように、「はい、そうです」や「いいえ、違います」という応答文では、単数形の場合は主語が「it」になります。一方、複数形では主語が「they」となります。

 

 短縮形
主語と動詞をつなげる形を短縮形と言います。これは、主に日常英会話で頻繁に使われる形となります。以下の表で確認してください。

 

主語 肯定文 否定文(パターン1) 否定文(パターン2)
This This’s This’s not This isn’t
That That’s That’s not That isn’t
It It’s It’s not It isn’t
These These’re These’re not These aren’t
Those Those’re Those’re not Those aren’t
They They’re They’re not They aren’t

 

スピーキングにおいて、否定文で短縮形を使う場合、パターン1を使うことをお勧めします。なぜなら、「not」が強調される言い方となるので、相手にも「否定文である」ことを伝えやすいからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です