ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:疑問詞 (what, who, which)

このセクションでは、「what, which, who」の疑問詞を学習していきます。疑問文の語順は、初めは慣れるのに時間がかかります。そのため、スピーキングでスラスラ話すことが難しいです。

 

しかし、一般動詞の疑問文と語順はほぼ同じです。まずは一般動詞の疑問文を流暢に話せるようになりましょう。

 

 「what, which, who」の語順
これらの疑問詞の語順は、基本的に以下の4種類になります。

 

疑問詞+be動詞+主語?
疑問詞+do (does)+主語+一般動詞+(前置詞)?
疑問詞+be動詞+主語+形容詞+(前置詞)?
疑問詞+一般動詞+(目的語)?

 

それでは、下記でそれぞれの疑問詞の使い方を詳しく解説していきます。

 

 what 「何」
whatの語順は以下の通りです。

 

 What+be動詞+主語?
これは何ですか?
What is this?

 

 What+do (does)+主語+一般動詞?
あなたは何が好きですか?
What do you like?

 

上記のWhatは、2文とも「名詞」として使われています。likeは、後ろに目的語となる名詞を必要とする他動詞です。しかし、上記の文章ではlikeで単語が終わっています。上の文章を肯定文に直すとその理由が分かります。肯定文だと以下のようになります。

 

You like what.

 

元々、whatはlikeの目的語でした。これが疑問文になるとwhatは文頭に持っていくのがルールとなります。こういった理由から、likeで文章が終わっても問題ないのです。

 

また、「What is this?」を肯定文に変えると以下のようになります。

 

This is what.

 

このbe動詞が使われている疑問文の場合は、whatを文頭に持ってきて、主語とbe動詞の順序を入れ替えます。その結果、「What is this?」という語順になります。このような文章構成の理論を知るのは、次に紹介する「前置詞で終わる疑問文のパターン」を作るときにとても重要となります。

 

 前置詞で終わる疑問文
初級者が疑問文を作る際によく犯す間違いは、文の最後に「at, on, to」などの前置詞をつけ忘れるということです。この理由の1つに、疑問文の作り方の理論を理解せず、疑問文の例文を丸暗記してしまっていることがあります。以下の例文で詳しくみてみましょう。

 

あなたは何に興味がありますか?
What are you interested in?

 

初級者は、最後のinを言い忘れがちです。それでは、「なぜ最後はinで終わるのか」について考えてみましょう。これは、肯定文に直すと前置詞で文章が終わる疑問文の意味が分かります。肯定文では以下のようになります。

 

You are interested in what.

 

疑問文を作りには、whatを文頭に持ってきます。そして、疑問文では「主語とbe動詞の順序を入れ替える」ので、以下のような文章となります。

 

What are you interested in?

 

次の例文で、「前置詞で終わる疑問文」についてもう一度確認してみましょう。

 

あなたは何について話しますか?
What do you talk about?

 

この疑問文の作り方も、理屈は同じです。まずは肯定文に直しましょう。

 

You talk about what.

 

一般動詞を使った文章を疑問文にするには、whatを文頭に置き、その後ろにdo (does)を置きます。

 

What do you talk about?

 

この理論は、疑問文を正確に話す上で大変重要です。しっかりと理解し、何度も音読して体に覚えさせてしまいましょう。

 

 who 「誰が(に、を)~?」
この疑問詞の使い方も、whatと同じです。例文で確認しましょう。

 

 Who+be動詞+主語?
彼は誰ですか?
Who is he?

 

 Who+do (does)+主語+一般動詞?
彼は誰が好きですか?
Who does he like?

 

彼は誰と話しますか?
Who does he talk to?

 

 Who+一般動詞+(名詞)?
誰が夕飯を作りますか?
Who cooks dinner?

 

誰が料理をしますか?
Who cooks?

 

上記のように、疑問詞が文章内で主語として働く場合、疑問詞のあとにはdo (does)をつけません。また、疑問詞は3人称単数として扱われますので、動詞の形がcooksのように変化します。

 

こういった形はwhatでもありますが、大体高度な文法が使われます。そのため、上のレベルのページで詳しく解説します。
 
  which 「どれ」
この疑問詞も、whatとwhoと同じく3種類の語順があります。

 

 Which+be動詞+主語?
あなたの兄はどちらですか?
Which is your brother?

 

 Which+do (does)+主語+一般動詞?
どれがあなたは好きですか?
Which do you like?

 

 Which+be動詞+形容詞?
どっちが良いですか?
Which is good?

 

 whatとwhichの違い
whatは、ただ漠然と「何」と聞くときに使われます。一方、whichは「数が限定されている中のどれか」を聞くときに使います。例えば、目の前にリンゴが3個あり、その中からどれが好きか聞きたいとしましょう。そのときは、以下の例文を使います。

 

Which apple do you like?

 

一方、「What apple do you like?」とすると、漠然と「どんなリンゴが好きですか?」という聞き方になります。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~です
英語の文法:複数形(人が主語)
英語の文法:単数形と複数形(これは、これらは etc)
英語の文法:文型の重要性(第1、2、3文型)
英語の文法:第2文型(自動詞)、第4文型
英語の文法:第5文型の作り方(使役動詞、知覚動詞)
英語の文法:語と句と節
英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~でない、ですか?
英語の文法:疑問詞(where, when, why, how)
英語の文法:疑問詞+副詞、形容詞、名詞
英語の文法:否定、選択、不可疑問文の作り方
英語の文法:間接疑問文の作り方
英語の文法:受動態の基礎、作り方(第3、4文型)
英語の文法:さまざまな文法と組み合わさった受動態
英語の文法:さまざまな第5文型の受動態
英語の文法:使役動詞、知覚動詞の受動態
英語の文法:There is構文の作り方
英語の文法:itの特別用法、仮主語のitの作り方
英語の文法:形式主語と形式目的語の作り方
英語の文法:無生物主語の使い方
英語の文法:文の転換(that節、関係詞、不定詞、動名詞等)
英語の文法:文の転換(副詞節、if節、分詞構文、命令文)
英語の文法:同格語句の使い方
英語の文法:同族目的語の使い方
英語の文法:命令文、感嘆文、祈願文