ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:疑問詞 (where, when, why, how)

ここでは疑問詞を使った文章を学習していきます。疑問詞にはさまざまな種類がありますが、まずは比較的文章を作りやすい「when, where, why, how」を学習していきます。

 

このページでの学習を開始する前に、一般動詞を使った肯定文、否定文、そして疑問文の作り方を知っておく必要があります。

 

疑問詞を使った語順は、2種類あります。

 

疑問詞+be動詞+主語?
疑問詞+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

 

この語順をしっかりと覚え、以下の疑問詞を順番に学習していきましょう。2番目の疑問文は少し難しく感じる方もいるでしょう。しかし、作り方のコツは、普通の疑問文による語順「Do (Does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?」の前に疑問詞をつけるだけです。

 

一般動詞の疑問文をスピーキングでスラスラ作れるのであれば、疑問詞の文章を作るのはそれほど難しくないはずです。

 

それでは、以下で疑問詞を1つ1つ見ていきましょう。

 

  When 「いつ~?」

 

語順
When+be動詞+主語?
When+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

 

 ・When+be動詞+主語?

あなたたちの結婚式はいつですか?
When is your wedding ceremony?

 

これは基本的な、whenを使った疑問文です。

 

 ・When+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

あなたはいつ行きますか?
When do you go?

 

あなたはいつ東京に行きますか?
When do you go to Tokyo?

 

 Where 「どこで~?」

語順
Where+be動詞+主語?
Where+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

 

 ・Where+be動詞+主語?

あなたはどこにいますか?
Where are you?

 

彼らはどこにいますか?
Where are they?

 

 ・Where+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

あなたはどこでピアノを弾きますか?
Where do you play the piano?

 
 Why 「なぜ~?」

語順
Why+be動詞+主語?
Why+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

 
whyを使った疑問文に対する応答には、because「なぜなら」を使います。そのあとに、通常の文章をつなげていきます。

 

 ・Why+be動詞+主語? 

なぜあなたは頭が良いの? たくさん勉強しているからです。
Why are you smart?  Because I study a lot.

 

a lotは「たくさん」という意味の副詞です。

 

 ・Why+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

なぜあなたはそこにいくのですか? バイオリンを練習するからです。
Why do you go there?    Because I practice the violin.

 

 How 「どうやって、どのように~?」

語順
How+be動詞+主語?
How+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

 

Howは、「様態」と「方法」という2つの意味を持っています。以下の例で確認しましょう。

 

  ・How+be動詞+主語?

元気ですか?
How are you?    (様態)

 

直訳すると、「あなたはどのような(状態)ですか?」という意味になります。ただ、日本語が不自然なので、意訳して「元気ですか?」という訳になります。

 

 ・How+do (does)+主語+動詞の原型+(前置詞)+(名詞)?

どうやってあなたは日本語を勉強しますか?
How do you study Japanese? (方法)

 

基本的な疑問詞の使い方の説明は以上となります。慣れないうちは、疑問文をスラスラと作るのが非常に難しいです。そのため、最初は上で述べた2種類の語順を意識しながら英語を組み立てる必要があります。

 

何度も語順を意識しながら例文を音読をすることが非常に大切です。慣れてくれば、語順を意識しなくても疑問文を作れるようになってくるものです。例文をいくつか暗記したら、自分の言葉で疑問文を作る練習をしましょう。インプットだけではなく、アウトプットすることによって初めて疑問文を自由自在に使えるようになるからです。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~です
英語の文法:複数形(人が主語)
英語の文法:単数形と複数形(これは、これらは etc)
英語の文法:文型の重要性(第1、2、3文型)
英語の文法:第2文型(自動詞)、第4文型
英語の文法:第5文型の作り方(使役動詞、知覚動詞)
英語の文法:語と句と節
英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~でない、ですか?
英語の文法:疑問詞(what, who, which)
英語の文法:疑問詞+副詞、形容詞、名詞
英語の文法:否定、選択、不可疑問文の作り方
英語の文法:間接疑問文の作り方
英語の文法:受動態の基礎、作り方(第3、4文型)
英語の文法:さまざまな文法と組み合わさった受動態
英語の文法:さまざまな第5文型の受動態
英語の文法:使役動詞、知覚動詞の受動態
英語の文法:There is構文の作り方
英語の文法:itの特別用法、仮主語のitの作り方
英語の文法:形式主語と形式目的語の作り方
英語の文法:無生物主語の使い方
英語の文法:文の転換(that節、関係詞、不定詞、動名詞等)
英語の文法:文の転換(副詞節、if節、分詞構文、命令文)
英語の文法:同格語句の使い方
英語の文法:同族目的語の使い方
英語の文法:命令文、感嘆文、祈願文