ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:同格語句の使い方

同格とは、ある(代)名詞をより詳しく説明する語句や文章のことを指します。会話で主に使われる同格と、ライティングで主に使われる同格があります。

 

 同格の種類
同格の種類は全部で5種類あります。下記の例文で1つずつ確認していきましょう。

 

 ・代名詞と名詞

私たち、ボブ、アンナ、ジョンと私は皆兵隊だ。
We are all soldiers,Bob, Anna, Josh, and I.

 

上記の例文では、代名詞の「We」を「Bob, Anna, Josh, and I」という名詞で詳しく説明しています。これは主にライティングで使われることが多いです。

 

 ・名詞と名詞

メアリーは2人の子を持つジョンの妻だが、昨日他の男と歩いていた。
Mary, John's wife with two kids, was walking with another guy yesterday.
= Mary, who is John's wife with two kids, was walking with another guy yesterday.

 

「Mary」を「John's wife with two kids」と説明している形です。これも主にライティングで使われます。スピーキングで使う場合は、上記のように関係代名詞を使います。この時、コンマの前でいったん短い溜め時間をとり、「Maryについての説明をしている」と聞き手が理解しやすいようにします。

 

 ・同格のthat節

私は彼のためにサプライズパーティーをするという案に賛成だ。
I agree with the idea that we will have a surprise party for him.

 

that節を用いて、「the idea」を「~という案」と詳しく説明しています。これはスピーキングでもライティングでも頻繁に使われます。ただし、同格のthat節をとれる名詞は決まっています。例えば、「book+that節」という形はとれません。この場合、「book about (= on)」とするのが正解です。

 

このような単語を使う上でのルールを語法と言います。語法の調べ方ですが、これは全て辞書に記載されています。各見出しにおいて、「どの単語でthat節が使えるか」などが詳しく説明されていますので、こちらで確認すれば問題ありません。

 

 ・同格を表す単語
これもスピーキングやライティングでよく使われる形となります。以下の例文で確認しましょう。

 

日本式のホテルである旅館は、多くの外国人ゲストから人気である。
Ryokan, or (= namely, = that is to say) a Japanese style hotel, is popular with many guests overseas.

 

この文章は「Ryokan, a Japanese style hotel, is~」とも表現できます。orやnamelyなどをつけることによって、「Ryokanを詳しく説明してますよ」と聞き手に教えてあげる働きをします。そのため、この用法はスピーキングに適しているといえるでしょう。

 

この表現は私自身も多用します。ネイティブに日本独特の表現を説明する際に、この表現が大活躍するのです。たとえば、「おみくじ」を説明する際は以下のようになります。

 

おみくじは海外の観光客に人気である。
Omikuji, or a fortune-telling slip, is popular among tourists from overseas.

 

このように、まずは「おみくじ」をそのまま日本語で言い、そのあとにorを使って詳しい説明をしていくのです。とても便利な表現ですので、ぜひ使えるようになってください。

 

 ・同格を表すof
これは、どちらかと言えば書き言葉で使われます。以下の例文で確認しましょう。

 

彼は有能な男だ。
He is a man of ability.
= He is an able man.

 

このように、of以下の名詞で「どのような男か」を説明します。

 

彼は勇敢な男だ。
He is a man of courage.
= He is a courageous man.

 

彼らは7人だ。
There are seven of them.
= They are a group of seven.

 

これは重要だ。
This is of importance.
= This is important.

 

これらを会話で使う場合は、それぞれの例文の言い換え表現を使った方が簡単です。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~です
英語の文法:複数形(人が主語)
英語の文法:単数形と複数形(これは、これらは etc)
英語の文法:文型の重要性(第1、2、3文型)
英語の文法:第2文型(自動詞)、第4文型
英語の文法:第5文型の作り方(使役動詞、知覚動詞)
英語の文法:語と句と節
英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~でない、ですか?
英語の文法:疑問詞(where, when, why, how)
英語の文法:疑問詞(what, who, which)
英語の文法:疑問詞+副詞、形容詞、名詞
英語の文法:否定、選択、不可疑問文の作り方
英語の文法:間接疑問文の作り方
英語の文法:受動態の基礎、作り方(第3、4文型)
英語の文法:さまざまな文法と組み合わさった受動態
英語の文法:さまざまな第5文型の受動態
英語の文法:使役動詞、知覚動詞の受動態
英語の文法:There is構文の作り方
英語の文法:itの特別用法、仮主語のitの作り方
英語の文法:形式主語と形式目的語の作り方
英語の文法:無生物主語の使い方
英語の文法:文の転換(that節、関係詞、不定詞、動名詞等)
英語の文法:文の転換(副詞節、if節、分詞構文、命令文)
英語の文法:同族目的語の使い方
英語の文法:命令文、感嘆文、祈願文