ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語の文法:第2文型(自動詞)、第4文型

ここでは、第2文型の一般動詞を使った形と第4文型について学習していきます。文型とは、英語の文章を作る上での「型」であり、全部で5種類あります。

 

 第2文型 (SVC) 自動詞を使うパターン
第2文型の形は「主語(S)+動詞(V)+補語(C)」です。Vにはbe動詞を置く形が基本ですが、一般動詞である自動詞を置くことも可能です。今回は、自動詞が入る第2文型の形を学習していきます。自動詞は、直後に名詞を置くことができませんが、形容詞や副詞を補語(C)として置くことはできます。

 

補語(C)とは、動詞を補う役割を果たしており、これが無ければ第2文型を完成させることができません。第2文型でVにくる自動詞は大体決まっています。使われる動詞によって3つの意味に別れますので、以下でそれぞれ学習していきます。

 

 ~になる 
状態の変化を表すときは、getかbecomeを使います。becomeの方がgetより硬い言い方になります。例文で確認しましょう。

 

昨日は寒かったです。
It was cold yesterday.

 

昨日は寒くなりました。
It got (=became) cold yesterday.

 

このように、「寒くなった」という変化を表すときに「get, become」のどちらかを使います。

 

この他にも、「fall, turn, go, grow」などがありますが、これらに関しては決まった言い方があります。そのため、補語(C)と一緒にかたまりとして覚えることが効果的です。getとbecomeに関しては、さまざまなCと一緒に使うことができます。「~になる」という日本語訳から、そのまま直訳できますので、かなり万能な表現と言えます。

 

 ~(の状態)である 
これは上記のgetやbecomeとは異なり、ある状態が続いているときに使われます。良く使われる単語はkeepです。他にもholdやremainなどがありますが、keepだけでもほとんどカバーできますので、最初のうちはこれを使いこなすだけで十分です。

 

これらの状態を表す動詞が使われると、後ろにくるCは大体決まっています。そのため、VとCを一緒に覚えてしまえば、動詞を使いこなすことができます。

 

彼は冷静さを保っていた。
He kept calm.

 

彼女は黙っていた。
She kept quiet (= remained silent).

 

 ~のようだ、~と感じる
良く使われる単語として、「look, seem, appear, sound, smell, taste, feel」などがあります。lookは「(実際に何かを見て)~のようだ」という意味です。例文を見てみましょう。

 

彼は幸せそうだ。
He looks happy.

 

soundは「(何かを聞いて)~のようだ」という意味です。

 

彼の仕事は楽しそうだ(彼や他の人から彼の仕事内容などを聞いて)。
His job sounds fun.

 

seem、appearはlookとsoundの両方を含んで「~のようだ」という意味です。

 

彼は幸せそうだ。
He seems (appears) happy.

 

彼の仕事は楽しそうだ。
His job seems (appears) fun.

 

feelは「~と感じる」、tasteは「~の味がする」、smellは「~の匂いがする」という意味です。

 

私は今幸せだ(と感じている)。
I feel happy now.

 

これは美味しい。
This tastes good.

 

これは良いにおいがする。
This smells good.

 

 「look, smell, sound, taste」の後にlike「~のような」を持ってくることで、後ろに名詞を持ってくることができます。会話でも頻繁に使われる表現です。例文で確認してみましょう。

 

彼は正直者のように見える。
He looks like an honest man.

 

彼は正直者のように聞こえる。
He sounds like an honest man.

 

これは魚のような匂いがする。
This smells like fish.

 

これは魚のような味がする。
This tastes like fish.

 

 第4文型 (SVOO)
第3文型(SVO)と似た形ですが、第4文型では目的語が2つ置かれます。目的語はそれぞれ、直接目的語と間接目的語と呼ばれます。

 

直接目的語は「~を」という訳で、間接目的語は「~に」という訳になります。この文型の訳し方は、「(主語)が~に~を~する」となります。間接目的語の「~に」には、よく「人を表す名詞」が入ります。例文で確認しましょう。

 

私は彼にチョコレートを上げる。
I give him chocolate.

 

上の例文では、himが間接目的語、chocolateが直接目的語となります。

 

私は彼女にバッグを買ってあげる。
I buy her a bag.

 

 第3文型 ⇔ 第4文型
第3文型と第4文型は言い換えることができます。下記の例文で確認しましょう。

 

私は彼にチョコレートをあげる。
I give him chocolate.  (第4文型)
I give chocolate to him. (第3文型)

 

第4文型はSVOOなので、主語が I 、giveが動詞、himが間接目的語、chocolateが直接目的語です。第3文型はSVOですが、Oには直接目的語がきます。そのため、間接目的語のhimは、上記のように前に前置詞を置いて処理をします。

 

giveを第3文型で使う場合は、「~に」はto+間接目的語と決まっています。これはgiveの語法ですが、他の単語ではまた異なる語法があります。語法とは、単語を使う上でのルールのことです。ほとんどの単語には語法がありますので、これを調べるためには辞書で1つ1つ確認する必要があります。

 

それでは、buyを使った場合を見てみましょう。

 

私は彼女にバッグを買ってあげる。
I buy her a bag. (第4文型)
I buy a bag for her. (第3文型)

 

buyを第3文型で使う場合は、前置詞はtoではなく、forで表します。このように、使われる単語によって語法は変化します。

 

第2文型、第4文型の説明はこれで以上になります。上記の説明で理論を理解したら、後は何度も音読をして、実際に使えるように何度も練習しましょう。動詞によって使うことのできる文型は決まっています。辞書を使えばそれらが分かりますので、1つ1つ確認して、正しい動詞の使い方をマスターしてください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

関連ページ

英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~です
英語の文法:複数形(人が主語)
英語の文法:単数形と複数形(これは、これらは etc)
英語の文法:文型の重要性(第1、2、3文型)
英語の文法:第5文型の作り方(使役動詞、知覚動詞)
英語の文法:語と句と節
英語の文法:私、あなた、彼、彼女は~でない、ですか?
英語の文法:疑問詞(where, when, why, how)
英語の文法:疑問詞(what, who, which)
英語の文法:疑問詞+副詞、形容詞、名詞
英語の文法:否定、選択、不可疑問文の作り方
英語の文法:間接疑問文の作り方
英語の文法:受動態の基礎、作り方(第3、4文型)
英語の文法:さまざまな文法と組み合わさった受動態
英語の文法:さまざまな第5文型の受動態
英語の文法:使役動詞、知覚動詞の受動態
英語の文法:There is構文の作り方
英語の文法:itの特別用法、仮主語のitの作り方
英語の文法:形式主語と形式目的語の作り方
英語の文法:無生物主語の使い方
英語の文法:文の転換(that節、関係詞、不定詞、動名詞等)
英語の文法:文の転換(副詞節、if節、分詞構文、命令文)
英語の文法:同格語句の使い方
英語の文法:同族目的語の使い方
英語の文法:命令文、感嘆文、祈願文