ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

さまざまな「ア」、二重母音の発音

ここでは、日本語に存在しない英語の「ア」の発音、そして二重母音について学習していきます。慣れるまでは大変ですが、何度も練習をして口の形を覚えていきましょう。

 

 「ə」の発音
これは日本語に存在しない音になります。口を1ミリほど開け、その状態で「ア」と発音します。このあいまいな音が「」の発音です。下の単語で練習をしてみましょう。

 

banana バナナ
animal 動物
about ~について

 

 「ʌ」の発音
これは「ア」と「オ」の中間のような音であり、「ɔː」と似た音です。口の開け方は、日本語の「ア」をいうときと同じくらいに開けます。そのままで、声が喉のうしろへ出ていくイメージで「ア」と発音してください。暗くこもった「ア」の音が出せるはずです。それでは、下の単語で練習してください。

 

one 1つ
bug
up 上に

 

 二重母音(母音+「I」、母音+「ʊ」)
2つの母音が隣接していることを、二重母音といいます。この発音は日本人がなかなかできない発音ですが、1度マスターすればかなりネイティブのような発音に近づくことができます。組み合わせは、以下のようになります。

 

「a」+ɪ 「a」+ʊ
「e」+ɪ 「ɔ」+ʊ
「ɔ」+ɪ

 

 ・aɪ, eɪ, oɪの発音
最初のa, e, ɔはそのまま発音します。そのあとの「I」はしっかりと発音するのではなく、「~ィ」というように短く発音されます。下の単語で練習してください。

 

Hey やあ、おい
boy 少年
high 高い

 

 ・aʊ, ɔʊの発音
これも上記と同じで、まずは「a」か「ɔ」の音をそのまま発音させます。そのあとに続いている「ʊ」の発音を短めにして、「~ゥ」とします。下の表を見てみましょう。

 

out 外に
owl ふくろう
cold 冷たい

 

いかがでしたでしょうか。何度も音読をして、口にこれらの音を慣れさせてください。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ