ネイティブ英語のススメ │スピーキング、ライティング、リーディングの学習

ビジネス英語・語学の総合学習サイト ネイティブ英語のススメ

英語リーディング:there is構文の倒置形の読み方

ここでは、難解なthere is構文を頭から読むための方法を解説します。

 

 There+V+修飾語+Sの構文
存在を表すthere is構文というものがあります。これは、話し言葉や書き言葉でも良く使われる構文です。短い文章であれば、この構文を理解することは簡単です。例文を見てみましょう。

 

There is a man over ther.
あそこに男がいる。

 

ここから派生して、isというbe動詞の部分に一般動詞がくる場合があります。それが下の例文です。

 

There seems to have been a man over there.
あそこに男がいたようだ。

 

もしthere is構文を、「動詞の部分にはbe動詞がこない」と思っていたら、上の文章を読むときにつまずきます。このように、一般動詞のseemなどがきて、主語であるa manにたどり着くまでに長い動詞が続くことがよくあります。

 

それでは、今度はthere+VとSの間に長い修飾語が入る文章を見てみましょう。これにより、there is構文だと見極めることがさらに困難になります。

 

Gradually there grew up over the years since 1980's the belief that every nations ought to follow the rule that the world is bound by a certain unchangeable principal.

 

最初のGraduallyはただの副詞であり、「徐々に」という意味です。there grew upが見えたところで、勘の良い人は「there is構文の一般動詞が置かれたパターンではないか」と気づくことができます。そのあとは、there grew upに対する主語を探しながら英文を読んでいきます。

 

さらに読み進めて、「over the years since 1980'sはgrew upを修飾している副詞句だ」と理解します。 意味は、「1980年代以来何年にも渡って」です。

 

the belief thatが見えた時点で、これがthere grew upに対する主語であることが分かります。belief thatは名詞節を導くthat節であり、every nations ought to follow the ruleという文章が続きます。「すべての国家は~ということに従うべきだという信条」という訳になります。

 

rule thatは2つめのthat節です。the world is bound by a certain unchangeable principalが、どんなthe ruleかということを説明しています。訳は、「世界は変えることのできないある原則によって縛られている」です。

 

それでは、以下に訳をまとめます。

 

変えることのできないある原則によって世界は縛られているという法則に、世界は従うべきだという信条が、1980年代以来何年間にも渡って徐々に生まれてきた。

 

このように、there is構文に一般動詞が使われ、さらに修飾語によって文章が長くなることがあります。もし文章読解が困難な場合、thereを無視して語順を「主語+動詞」に戻すことが有効です。

 

例えば、上の例文では下記のように文章を変換することができます。

 

A belief grew up over the years since 1980's that every nation~

 

このように文章を変えれば、意味の理解が容易になります。こういったテクニックを使い、正確な英文読解ができるように練習をしましょう。

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ

生徒様からの『お喜びの声』を頂いてます






次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中

英語学習に必要な本物のノウハウを全て無料メルマガにて授けます

無料メルマガ登録ページへ