英語リーディング:比較級と仮定法の倒置の読み方

ここでは、比較級と仮定法の倒置構文の読み方を解説していきます。誤読する可能性が低い箇所ですが、なぜ倒置が起こるかを理屈で理解しておくことが大切です。

 

まずは、簡単な比較級を見てみましょう。

 

My wife is taller than my sister (is).

これは通常の比較級の文章であり、「私の妻は妹よりも背が高い」という意味になります。my sister isのisは、省略しても構いません。

 

ネイティブは、最後にisで文章が終わることを好みません。なぜなら英文の性質上、文章の最後には重要な語句がきます。そこに「意味のないisを置きたくない」という気持ちが働くのです。

 

これを避けるために、isを省略するか、倒置形にするということがあります。倒置の文章にすると、以下のように変化します。

 

My wife is taller than is my sister.

これは、doやdoes、didで終わる比較級でも同様です。

 

In modern times, people can enjoy living more comfortably than did those in ancient times.

通常の文章だと、than以降はthose in ancient times didとなります。全文を訳すと、下のようになります。

 

昔の人と比べて、現代の人々はより快適に生活をすることができる。

 仮定法の倒置
仮定法の倒置は、文頭にくるだけではなく文中などにも現れます。これを見極める方法ですが、疑問文の形となって現れるので、そこから仮定法だと判断することができます。下記に、仮定法の倒置形をまとめてあります。

 

If+S+were+to do → Were+S+to do
If it were not for → Were it not for
If it had not been for → Had it not been for
If+S+should → Should+V
If+S+had+過去分詞 → Had+S+過去分詞

上の表では、右側が倒置形です。これらの形を覚えておき、英文を読んでいく中で倒置かどうかを判断してください。それでは、以下に例文を挙げます。

 

He failed and failed but never gave up inventing a new device, even should it take many years, until he made it successful.

文頭のHeからinventing a new deviceまでは通常の文章です。意味は「彼は何度も失敗したが、新しいデバイスを発明することを決して諦めなかった」です。

 

このあとのeven should it takeが見えた時点で、「なぜここが疑問文の語順なのか」と考えることが大切です。上で述べた仮定法の倒置形を覚えておけば、「If+S+shouldの倒置形だ」と気づくのは簡単なはずです。訳は、「たとえ何年かかったとしても」です。

 

全文を訳すと、下のようになります。

 

彼は何度も失敗したが、たとえ何年かかったとしても、新しいデバイスを発明することを成功するまでは決してあきらめなかった。

以上が比較級と仮定法倒置形の文章です。これを正確に読み解くには、文法知識があるかどうかがカギとなります。もしこの知識が曖昧であれば、もう一度文法を復習してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です