リーディング:第2文型、第1文型の倒置の読み方

ここでは、第2文型と第1文型の倒置構文の読み方を解説していきます。短い文章では理解がしやすく、会話でも頻繁に使われます。ただ、第2文型を構成するS+V+CのC部分に長い句(1語以上の単語のまとまり)がくることにより、英文の理解が一気に困難になる場合があります。

 

 Cに形容詞句がくる倒置
まず、簡単な第2文型の倒置の文章を見ていきます。第2文型とは、S(主語)+V(動詞)+C(補語)からなりたつ文章でした。

 

Lucky was the boy.
その少年はついていた。

このように、第2文型の倒置が起こると、C+V+Sという語順に変化します。もしSが代名詞の場合は、倒置が起こらないというルールも覚えておいてください。

 

Lucky he was.
彼はついていた。

次に、Cが長くなる文章を見てみます。

 

More likely to occur than the advent of a new business model is a slight change in existing ones.

この文章を頭から理解するためには、まず「More likely toが文頭にある時点でこれは倒置構文である」と判断できるかがカギとなります。likely to doは語法であり、「~しそうである」という意味です。

 

likely to do以降は長いCの部分ですので、「V+Sがくる」と予想しながら読んでいきます。thanは「~と比べて」という意味です。文頭のmore likelyが見えた時点で、「比較級のthanがくるかもしれない」という予想も同時にできればなお良いです。

 

new business modelを読みを終えたあとに、やっとis a slight changeというV+Sが見えました。これで、「この文章は倒置だった」と確認します。change inは「~の変化」という意味です。全体を訳すと、以下のようになります。

 

新しいビジネスモデルの誕生よりも起こる可能性が高いのは、既存ビジネスをわずかに変化させたものだ。

 第1文型の倒置
第1文型とは、S+Vの形です。ただ、多くの場合はS+Vのうしろに修飾語(句)がつきます。例えば、下の例がS+V+修飾語の例です。

 

彼は私に頼っている。
He depends on me.

HeがS、dependsがV、そしてon meが修飾句です。第1文型の倒置では、修飾語(句)が文頭に置かれ、修飾語(句)+V+Sという形になります。それでは、例文を見てみましょう。

 

Needless to say, upon how to strike a balance between them depends greatly whether volunteer work can help nourish our local town.

Needless to sayは決まり文句であり、「言うまでもなく」という意味の独立した副詞句です。 そのため、これだけではまだ倒置の文章がくるかはわかりません。

 

upon how to strike a balanceが視界に入りますが、uponが何を意味するかはこの時点では推測できません。uponは前置詞ですので、「倒置の文章かもしれない」と予測をします。そのため、how to strike a balance between themの「どのようにしてそれらの間でバランスを取るか」という意味だけをおさえて先を読みます。

 

depends greatly whether volunteer work can help~が見え、ここでやっと「この文章は倒置だ」と理解することができます。つまり、この文章構造は、upon~between themが修飾句、dependsがV、whether volunteer work can help nourish our local townが長いSとなります。訳は下のようになります。

 

言うまでもなく、ボランティア活動が私たちの地元の町を活性化する助けになるかどうかは、どうやってそれらの間でバランスを取るかというところが大きい。

第2文型と第1文型の読み方は以上となります。Cや修飾句が長くなると、上の文章のように理解が困難になるケースが多いです。そのため、英文読解の基本である予測をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です